知識や教養、必要なノウハウを学ぶすべての学生や企業の社員にとって、ステイホーム・一斉休業、休校の要請が長く続いていたため、学力の低下や勉強・業務の遅れなど、さまざまな不安を抱いている人は多いのではないでしょうか?

【オンライン教育】は、自宅にいながらでもオンライン上で、必要な知識・教養を学べる、今もっとも新しい学びの場として注目を集めています。

ここでは、これからますますニーズが高まっていく、定番の学びの場として注目されているオンライン教育について、

・そもそもの特徴、目的や必要性

・オンライン教育の種類

・気になるメリット

の3つのポイントをわかりやすくお伝えしていきます!

そもそもオンライン教育とは?特徴と目的を徹底解説します!

それでははじめに、オンライン教育の特徴・その目的についてお伝えしましょう。

オンライン教育とは?

オンライン教育とは、インターネット回線を通して、時間や場所、年代や性別にかかわりなく、誰もが手軽に必要な知識・教養を学べるルーツのことを言います。

オンライン教育は、学生はもちろん、ビジネス上においての知識やノウハウを学ぶため、幅広い企業にも導入されるようになり、自分自身の安全と健康を守りながら、新鮮で刺激を受けながらの教育が実現できます。

オンライン教育の目的・必要性とは?

オンライン教育が注目され、日本ではもちろん世界的なニーズも高まっている理由は、誰にとっても脅威である、新型コロナウイルスの影響。

学びの場は、コロナの大敵・3つの密すべての要素が懸念されているため、安全や健康を確実に守るためにも、オンラインで勉強する教育方法が確立されはじめるようになったのです。

オンライン教育と通信教育は似ているようで違う

オンライン教育は、遠隔授業となっているため、その種類のひとつとなる通信教育も同じようなシステムだとイメージしている人は多いのではないでしょうか?

実は通信教育とオンライン教育には、

・通信教育の場合:必要な教材はテキストで提供される

・オンライン教育:必要な教材を動画、WEB上のテキストで提示される

という明確な違いがあるんです。

ある研究によると、人間の脳は通信教育によるテキストからの学びよりも、オンライン教育の動画による学びは、6万倍以上もの速さでその情報を把握していくことができるといわれているほどなんですよ。

オンライン教育にはこんな種類がある

性別や年代にかかわらず、誰もが必要としている知識を学べるオンライン教育には、生放送のことをいうライブ配信と録画のふたつが展開されています。

オンライン教育のこのふたつのカタチは、学ぶすべての人の目的・ライフスタイルに合わせてどちらかを選んだり、または両方を並行することが可能になっているので、スクールでの一般的な教育方法よりも選択肢が多く、自身のレベルに合わせることができます。

では実際に、オンライン教育のふたつの種類、ライブ配信と録画はどのような違いがあるのか、それぞれの特徴とメリットを参考にしてみましょう。

オンライン教育×ライブ配信の特徴

オンライン教育×ライブ配信とは主に、

・Skype、Zoomのオンラインツールを活用した教育の場

・英会話やテレビ電話会議、WEB会議システム

・オンラインによる家庭教師

などのことを言い、生放送・リアルタイムで必要な情報・知識・教養を学ぶことができます。

オンライン教育×ライブ配信では、学ぶ人・教える人お互いの顔を確認できたり、チャットボックスというツールを活用しながら、動画を見つつも質疑応答を並行して行うことができます。

オンライン教育×録画の特徴

録画によるオンライン教育は、一斉に生徒やスタッフ、企業の社員全員を集めなくても、個々にて好きなタイミング・シチュエーションでの録画教育を受けることができます。

オンライン教育×録画は、

・企業の社員教育用

・塾や予備校の授業

・中学、高等学校の授業

に活用されることが一般的になっていて、録画された動画を繰り返し見ることができたり、無理なく自分自身のペースで学習できるメリットがあります。

オンライン教育のメリットとは?

中学・高校をはじめ、予備校や一部の大手・中小企業でも、続々と導入されているオンライン教育。

今までの一般的な学びの場とは違い、オンライン教育にはいくつものメリット・優位性が備わっています。

では、オンライン教育にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

気になる詳細をまとめてみました!

オンライン教育は繰り返しの勉強ができる

オンライン教育の種類のひとつ、動画は、録画をしたのちに、好きなタイミングで動画を繰り返し確認することができます。

そのため、ついつい見逃してしまった授業があったとしても、繰り返しその動画をチェックできるので、一般的な教育の場よりも必要な知識が身につきやすいメリットがあります。

オンライン授業はどこでも好きなときに学べる

オンライン授業は、学びの場に出向く手間・時間・コストが一切かからず、インターネットの環境さえ整っていれば、どこからでも好きなタイミングで授業を受けることができます。

そのため、ストレスを感じず、学業に対するモチベーションを良いままにキープでき、それが集中力の向上にもつながっていくのです。

また今後、新型コロナウイルスの影響がそこまで懸念されないような状態になったとしても、見えない敵との戦いはまだまだ続くことが予想されています。

オンライン教育は、まさかの災害時の時でも、通信環境を整えるだけで対面式と同じ授業を再開でき、学生や子ども、子どもの親の心配・不安を最小限に押さえておくことができます。

ハイレベルな講師から学ぶことができる

オンライン教育が、性別や年代にかかわらず、世界的にも注目されているのは、ハイレベルで実績・さまざまな知識を身につけた指導者からの授業を受けられるということ!

オンライン授業の普及は、

・住んでいるところにかかわらずに指導を受けられ、ハンデがなくなる

・地域による教育の格差が小さくなる

などのメリットがあり、ライブ配信によるオンライン教育の場合は、実際に質疑応答をしたり、生徒同士でコミュニケーションを取ることができるので、まるでみんながその場所に集まって学んでいるような、新鮮さや孤独、不安の緩和や予防にも一役買ってくれます。

オンライン教育はコストと時間の削減が可能

一般的な教育では、長い時間をかけて学校に通うことで体力を消耗し、勉強へのやる気・意欲・集中力の低下につながることもあるのではないでしょうか?

また、オンラインというツールを使う通信教育でも、必要な教材費はとても高額。

オンライン教育の場合は、自宅など自分が慣れている環境ですぐに始めることができ、通学や通勤にかかるコスト・時間を大幅に短縮できます。

また、オンライン教育のツールにはYoutubeから無料で学べる方法を採用している現場も多数あるため、指導者・教育を受ける人両方に、負担がかかってしまう心配がありません。

過疎地の学校を活性化できる

人口の減少が大きな問題となっている日本では、離島・過疎地の学校では、今後の存続がさらに難しくなるといわれているんです。

オンライン教育は、文部科学省によって離島や山間部、過疎地の小規模の学校にも、このシステムを積極的に導入する計画を固めているため、都市部の生徒と平等に、分け隔てなく本格的なオンライン授業を受けていくことができます。

最先端の学びの場!オンライン教育を上手に活用しよう!~おわりに~

オンライン教育は、学ぶ人すべての不安や疑問点を解決しながら、大切な安全と健康を維持できる、今もっとも注目されているオンラインツール。

今までにあった教育の場とは違ったシステム・メリットが強みのオンライン教育で、これからはもっとたくさんのことを学ぶ意欲を高めていけると良いですね!