オンラインツールを活用したセミナーは、まだまだ試行錯誤・実際に利用した経験のない企業も多いので、その効果やメリットが本当にあるのかと、不安やギモンを感じてはいませんか?

不安定な時代に、なくてはならないオンラインツールは、セミナーに活用することで、会場で実施されるセミナーよりも集客数・企業の実績・販促の活性化につなげていくことができるんです。

そこで今回は、オンラインセミナーにて企業のPRをしたいと目標・計画を立てているビジネスパーソンに向けて、気になるメリットと配信スタイルの特徴、会場で実施するセミナーとの違いを一挙にまとめてお伝えします!

オンラインセミナーと会場で実施のセミナーを比較してみると…!?

企業のPRや販売促進のためのPRは、今までは圧倒的に会場で実施されることが一般的でしたので、オンラインセミナーとの違いにとても興味を惹かれますよね。

ここではさっそく、オンラインセミナーと会場で実施のセミナーの違いを、あらゆる視点から比較してご紹介しましょう。

準備について比較!

オンラインセミナーと会場で実施のセミナーは、そもそもの準備することにも大きな違いがあるんです。

まず、オンラインにてセミナーを行う場合は、インターネット環境と、オンライン上で参加者に伝える資料のみを用意しておくだけなので、そこまで長い時間をかけての準備が必要ありません。

代わって、会場にてセミナーを実施する場合は、会場の確保や参加者分の資料の印刷、カメラやマイク、ボードなどが必要になり、セミナー参加日の1週間以上前からの準備が必要になることもめずらしくはありません。

安全面・効率性を比較!

オンラインセミナーと会場で実施するセミナーの安全面・効率性を比較してみると、こちらも圧倒的にオンラインセミナーの方が優れたポイントがあるとわかります。

その理由は、オンラインセミナーの場合は、在住している地域にかかわらず、誰でもが参加できるため、会場で実施するセミナーよりも、幅広い年代の参加者に、商品・企業のアピールができ、それが販促の活性化につながります。

また、オンラインセミナーであれば、たくさんの人が集まる会場実施のセミナーのように、密になるリスク・心配が一切ないため、企業・参加者両方の安全を守ることができます。

オンラインセミナーにはこんな配信スタイルが展開されている

一言にオンラインセミナーといっても、その配信スタイルにはさまざまなタイプが展開されているんです。

オンラインセミナーの経験が多い企業の場合は、いくつもの配信スタイルを並行し、参加者のマンネリ防止、他企業や商品へ興味が流れてしまうことを防ぐ対策を取るケースも!

では、オンラインセミナーにはどんな配信スタイルが展開されているのか、代表的なタイプと、それぞれの気になる特徴・メリットを参考にしてみましょう。

オンラインセミナー×オンデマンド配信タイプ

オンラインセミナーのオンデマンド配信タイプとは、あらかじめ録画・編集をした動画を配信するスタイルとして、参加者にとっては繰り返し気になる内容を確認できるメリットがあります。

また、オンラインセミナーをオンデマンド配信にすることで、参加者・視聴者がそれぞれに都合の良い時間を選んで確認できるため、気持ち的な焦りや負担を軽減できるメリットも強みとなっていますよ。

オンラインセミナー×ライブ配信タイプ

オンラインセミナーのふたつめの配信スタイル・ライブ配信は、リアルタイムにて実施されるセミナーのことを言います。

オンラインセミナーのライブ配信型スタイルは、参加者の反応がリアルタイムに確認できることで、オンデマンド配信スタイルよりも利用率が高め。

また、オンラインセミナー×ライブ配信のスタイルは、参加している人・企業が直接的にコミュニケーション・コンタクトを取れる特徴・メリットがあるので、セミナー中でも気になるポイントをの質疑応答ができ、その場ですぐに不安点・疑問点を解決することができます。

オンラインセミナー×ライブ配信スタイルは、セミナーをしながら参加者にアンケートを取るなど、必要なステップを並行できるため、視聴者の満足度が手に取るように把握できるメリットが強みとなっていますよ。

オンラインセミナーが利用されるシチュエーションとは?

オンラインセミナーは、

・企業の会社説明会

・就活生に向けたイベント

・新商品やトレンド情報のPR

・新規顧客を開拓

など、幅広い利用スタイルがあります。

ここでは、オンラインセミナーが実際にどのようなシチュエーションで利用されることが多いのか、具体的な実用例を一緒にチェックしてみましょう。

オンラインセミナー×社内研修

オンラインセミナーは、IT企業・マーケティングに携わる企業の、研修やスキルアップのために利用されるケースも続々と増えています。

会場をおさえるセミナーの場合は、毎日を忙しく働くビジネスマンにとって、業務の遅滞など、負担を与えてしまうデメリットがあるのですが、オンラインセミナーでの社内研修であれば、自身のスケジュール・業務の進行レベルに合わせた参加ができ、進捗も専用サイトのマイページにて手軽に管理することができます。

オンラインセミナー×新規顧客開拓

新規の顧客様を開拓する目的のオンラインセミナーは、自社製品のPRや他社製品にはないメリット、特徴をわかりやすく配信でき、参加者にとっても他の商品・トレンド情報との差別化が手軽にできるようになります。

商品販促・トレンド情報をPRするためのオンラインセミナーは、多くが無料となっているため、参加者側にとっては余計なコスト・負担がかからいことで、企業側はより多くの新規顧客数を増やせるメリットがあります。

また、オンラインセミナー×新規顧客が目的の利用方法は、セミナーを配信しつつも、その状況をSNSを使って拡散・宣伝する企業も増えているようです。

オンラインセミナー×就職・転職活動

学生や転職を考えている社会人にかかわらず、その就職・転職の方法は、今ではオンラインにシフトされつつあります。

気になる企業の情報リサーチ・求人情報などは、専門誌よりもWEBでの検索が圧倒的に増えているため、この流れに合わせた就活のためのオンラインセミナーは、今後は一般的なスタイルになると予想されています。

オンラインセミナー×就職・転職活動の利用の目的には、経済的にまだまだ不安定な学生の負担を抑えたり、企業の環境・風景をリアルタイムにPRできるメリットがあります。

また、学生やスキルアップを狙う社会人両方に人気のある大手企業の場合は、オンラインセミナーの実施が一般的になっていることで、セミナー参加者はハードルの高さを感じることなく、気になる企業の環境・特徴を確認・把握することもできますよ。

話題のオンラインセミナーで集客率UPを狙おう!~おわりに~

オンラインセミナーは、会場で実施するセミナーよりもメリットがたくさんあるものの、WEBを通す分、参加者へのアフターフォロー・サポートが何よりも重要なステップになります。

参加者がオンラインセミナーに参加してよかったと満足度を高め、企業・販促活性化を図るためにも、オンラインセミナーのイロハをもう一度見直してみてくださいね。