夜の街への外出自粛制限が徐々に解除され始めている今、それでも自分とまわりの健康・安全を守るためのZoom飲み会は、今後もニーズを高めていくオンラインツールの活用法のひとつとなっていますよね。

そんなZoom飲み会でも、実は憂鬱に感じている・そもそもの楽しみ方がわからないと悩み、ストレスを抱え込んでしまっている人は意外に多いんだとか…。

Zoom飲み会は、ステイホームの意識がなくせない今、断ることが難しく、断ることで付き合いが悪いと思われたり、友人との関係がぎくしゃくしてしまうのではないかと本当に不安ですよね。

そこで今回は、Zoom飲み会がちょっぴり憂鬱だと感じている人に向けて、角が立たないスマートな断り方・意外に知られていなかった新しい楽しみ方のコツをわかりやすくレクチャーしていきます!

Zoom飲み会が憂鬱?良くある原因・理由はズバリ!?

幅広い年代の男女に人気を集めているZoom飲み会なのに、誘われても憂鬱・楽しめないと悩みを抱え込んでいる人は、その根本的な原因や理由を見直してみることで、自己嫌悪に陥らず、それが良くあることなのだと気持ちがラクになれる可能性もあるんです。

ではどうして、Zoom飲み会が憂鬱に感じてしまうのか、ここでは良くある原因と理由について探ってみましょう。

Zoom飲み会が会社の飲み会だから?

Zoom飲み会が憂鬱・上手に断りたいと感じてしまうのは、もしかすると友人同士ではなく、会社の飲み会であることも大きな原因・理由なのかもしれません。

会社のZoom飲み会の場合は、上司や先輩、ときには同期にまで気を使って盛り上がる演出・話題を考える必要があるので、会社のZoom飲み会が頻繁だと、気を使いすぎてしまうことの疲れが憂鬱に感じることもあるのです。

実はワイワイ系の飲み会よりもひとり酒が好きだから

Zoom飲み会は、じっくりと語り合うよりも、みんなでワイワイ盛り上がる系の内容に終始することが多いですよね。

お酒をひとりでじっくり味わいたい人や、語り合うような静かな飲み会を理想としている人にとっては、この飲み会のカタチがストレス・憂鬱に感じてしまうこともあるようです。

Zoom飲み会のネタ切れによるマンネリも?

Zoom飲み会が憂鬱・逆にストレスに感じてしまうのは、年代や性別にかかわらず、単にネタが切れていて、新しい楽しみ方を見つけられていない状態も大きな原因かも。

Zoom飲み会では、このオンラインツールの便利で手軽なシステムを活用して、さまざまな演出を取り入れていくことができるのですが、それに気付けないままでいると、毎回のZoom飲み会が似たような内容になり、その変化のなさに飽き・マンネリを感じてしまうこともあるのかもしれません…。

Zoom飲み会がストレスに?スマートな断り方【5選】!!

Zoom飲み会は楽しい・気楽・リーズナブルというたくさんのメリットがあるのですが、どうしても断りたい・断り方のコツが知りたいと思う人は少なくはないはず。

ここではさっそく、Zoom飲み会に誘われても気分がアガらないと感じた際、角を立てずにスマートに断る方法5選をずらりとまとめてご紹介しましょう。

【断り方①】他のオンライン or Zoom飲み会に誘われていると伝える

Zoom飲み会に誘われても、どうしても気分が乗らない・できることなら断りたいと感じた場合は、その日は他のオンライン or Zoom飲み会に誘われていることを伝え、誘ってくれたことへのお礼・次回の埋め合わせ・謝罪の言葉をまとめて伝えると、相手は納得・理解してスムーズにZoom飲み会を断ることができるはずです。

【断り方②】Zoom飲み会が続いて二日酔いだと伝える

Zoom飲み会のスマートな断り方・ふたつめは、これまでにも会社や他の友人同士とのZoom飲み会が続いていて、体調不良・二日酔い気味だと伝えてみる方法!

Zoom飲みは、お酒を呑むこと・みんなでワイワイすることが好きな人にとっては、頻繁なひとつのイベントとなっているので、それが続いて体調不良だと伝えると、角が立たずに誘ってくれた相手からも理解・納得してもらいやすいメリットがあるんですよ。

【断り方③】実家に帰省中だと伝えてみる

親元を離れて一人暮らしをしている人の場合は、実家に帰省しているからZoom飲みの環境が整っていない、またはインターネット環境がないという理由もおすすめの断り方。

実家への帰省であれば、一人暮らしをしている人にとってZoom飲み会の断りに不自然な点は一切ないですし、誘ってきた相手も無理な引き止めをすることができず、そのZoom飲み会はナシにせざるを得ないのです。

【断り方④】パソコンやタブレットの状態が不安定だと伝える

パソコンやタブレットは、頻繁にインストールを更新するお知らせがUPされるものですよね。

Zoom飲み会をスマートに断りたいと思った場合は、パソコンやタブレットのプログラム更新に時間がかかり、スムーズにZoom飲み会ができない・インターネットの環境に不備があると伝えてみましょう。

パソコンやタブレットは、一見頑丈に見えて、実は頻繁に不具合が発生することもあります。

そのため、良くあるそのトラブルをZoom飲み会の断り方に活かすと、まわりからも納得してもらいやすいメリットがありますよ。

【断り方⑤】ひたすら謝って見逃してもらう

Zoom飲み会が憂鬱・ストレスに感じた場合のスマートな断り方は数多く展開されているものの、素直に謝り、誘ってくれたことへのお礼を伝える方法は、自己嫌悪に陥りにくく、誠実さをアプローチできるもっともベストな方法。

単にZoom飲み会が憂鬱だと伝えるのはまわりに失礼・関係悪化のきっかけになるので要注意ですが、余計な言い訳をせずにひたすら低姿勢で謝り続けることで、Zoom飲み会に誘ってくれた相手は少なからずあなたが負担を感じていると察知し、無理に誘おうとはしなくなるはずです。

Zoom飲み会を断る前に!こんな楽しみ方があることも押さえておこう♪

Zoom飲み会が憂鬱に感じていても、実際に飲み会が始まると大いに盛り上がり、憂鬱な気持ちを忘れて、次のこのイベントを心待ちにする変化も決してめずらしくはありません。

もし、Zoom飲み会に誘われてモヤモヤしてしまったとしても、次のような楽しみ方・コツを押さえておくと、気持ちが明るくなり、Zoom飲み会の新たなメリットを見つけられる可能性もあるんですよ。

聞き役や観察役に徹してみよう

Zoom飲み会が楽しめないと感じてしまうのは、自分から会話を展開して、その反応がイマイチだった時のリアクションが怖いからではないでしょうか?

Zoom飲み会は、実際の店舗で行う飲み会よりも気楽さ・自由でいられる大きな強みがあるので、盛り上げるよりも聞き役・まわりのメンバーを観察する役に回って、余計な負担を抱え込まないように自由に楽しむ意識を持ってみましょう。

短時間でも参加してみる

Zoom飲みに誘われたら、きっぱりと断ってしまうよりも、短時間でも参加した方が、友人同士・会社の人間関係に良くない影響を与えてしまう心配がなくなります。

Zoom飲みを断ってしまうよりも、短時間でも参加し、その謝罪とお誘いのお礼を伝えることを忘れないように意識しておくと、そのうち自分なりに楽しめる・憂鬱な気分を解消できるGoodアイディアがひらめく可能性もありますよ。

Zoom飲み会の上手な断り方!無理せずオンライン飲みを楽しもう~おわりに~

Zoom飲みの断り方は、楽しみ方に比べるとまだまだ情報が少ないので、今までよりも気持ちが軽くなれたのではないでしょうか?

無理してZoom飲み会に参加しても、まわりに余計に負担をかけてしまうだけですので、素直さと誘ってもらえる喜びを忘れず、Zoom飲み会を満喫できる方法も徐々に増やしていけると良いですね!